式場に可能か相談するのは必須

女性

結婚式で参列者に渡す引き出物は、感謝の気持ちを伝えるとともにセンスもわかってしまいます。しかも、ゲストは持って帰らなくはならないので、大きなものや重いものではかえって迷惑になってしまいます。多くのことを配慮しなくてはならないので、選ぶのも一苦労です。あらかじめ式場で商品を用意して選べるようになっていることが多いです。確かに無難な商品が多いので助かりますが、しかし、これでは他と同じようなもので記憶に残らない、自分達の参列者の好みには合わない場合もあります。そんなときには引き出物の持ち込みがおすすめです。ただ、式場によっては受け付けていないこともありますから、まずは対応してもらえるかを確認しましょう。可能な場合でも持ち込み料がかかることもあります。

世界で1つだけを渡すことができる

ギフト

引き出物で個性を発揮するには持ち込みが有効です。自分たちに合わせたデザインができたり、文字を入れたりできるので差別化できます。記憶に残る品となり、受け取ったゲストの話題にもなります。また、ゲストの好みに合わせれば、実用品として使ってもらえますから役立つ品となります。つい自分達の希望だけを先行させてしまいがちですが、あくまでも感謝や記念として贈るものです。もらった参列者が喜ぶものや役立つもののほうがありがたいでしょう。その視点から考えると、持ち込みでゲストに合わせたものを選ぶ方が心くばりもできます。まずは、個性を出すとともにゲストが本当に喜ぶものを探すことが重要です。それに合うものが式場の用意した中になければ、自分達で探すとよいでしょう。

式場での保管もよく話をとおしておく

ギフト

引き出物を持ち込むとなったら、商品選びだけで完了ではありません。いつまでにどこに届けてもらうのか、保管方法なども式場と話を詰めておくことが大切です。式場によって締切日は異なります。式場は受け取って保管はしてくれても、細かく状態のチェックまでは行いません。気になるなら届いたら連絡をいれてもらい、自分の目で確かめるのも1つの方法です。さらに食品などは保管状態が重要です。要冷蔵だったり向きがある場合などは、あらかじめ細かく指示しておくことも忘れないようにしましょう。式場によっては冷凍は出来ないなど制限もあります。保管のことも含めて、まずは式場との話し合いがなくては始まりません。せっかくの素敵な品も保管状態が徹底されていないと、ゲストの手に渡るときにはイメージが悪くなってしまいます。そうならないためにも、持ち込みをするなら責任をもって細部にまで配慮をしましょう。それを行えば、ゲストの記憶に残る引き出物を用意できます。

長方形バナー2

正方形バナー1

長方形バナー1

長方形バナー3

正方形バナー2 正方形バナー3

広告募集中